愛知警察犬訓練所
 
 
警察犬の訓練
●期間/6ヶ月間〜
家庭犬訓練に加え、高度な訓練をする事で、理解力、集中力が増し、家庭犬としても扱いやすくなります。
●警察犬種
 ジャーマンシェパード/ラブラドールレトリーバー/ゴールデンレトリーバー/エアデールテリア/ボクサー/
 コリー/ドーベルマン
 であれば、訓練資格を修得できます。
訓練名
訓練内容
脚側行進

 犬は前へ前へ歩きたがるもの。
 人の左側に付き、歩く速度に合わせて
 行進・回転・後退します。
物品持来

 合図により、物品を取りに行き、直ちに手元まで持ってきます。
 また、合図により渡します。
障害飛越

 合図により、障害、板壁などを飛びます。
休止

 周りの誘惑などに負けず、解除の合図があるまで待ちます。
物品選別

 遺留品など、特定の人の臭気を、多数ある対象臭気より嗅ぎ分けます。
足跡追及

 行方不明者・犯人などの臭気をもとに、遺留品などの採取、足跡ルートの捜査をします。
襲撃

 犯人に襲いかかり、合図により、噛む事を中止、監視体勢をとります。
※訓練科目を修得すると、日本警察犬協会本部が派遣する審査員により試験を受け、合格すると資格が与えられます。
※嘱託警察犬審査会に合格すると、嘱託警察犬として出動します。
訓練費
・預託訓練です。6ヶ月以上契約とさせていただきます。
 また、犬種・状況により費用か変わります。詳しくはお問い合せください。
Copyright(C) 2012 AICHI POLICE DOG TRAINING CENTER All Rights Reserved.
ブラウザ幅:800pxにて作成