愛知警察犬訓練所
 
 
訓練大会のごあんない

2014年「犬の訓練競技会」参加者募集中!

2014年度 第3回主催 JAA愛好会
JAA愛犬訓練競技会
日  時平成26年11月29日(土)午後の部 12時〜13時 受付開始(雨天決行)
平成26年11月30日(日)      8時〜9時 受付開始(雨天決行)
会  場愛知県知多市緑浜町2 「新舞子マリンパーク」
出場資格警察犬種を含む全犬(各協会の未入会者・未登録犬でも出場できます)
アマの部は指導手がアマチュアであれば所有犬の限りでない
1頭で多科目/指導手が代われば同一科目でも出場可
出 場 料1科目につき7,000円 ノービスの部は5,000円(各軽食付)
※出場料はお申込み時にお願いします。(欠場料は税込3,000円申し受けます)
申込締切11月10日(月)必着 (FAXの場合は電話にて必ず確認して下さい)
審 査 員県外の職業訓練士
賞  品出場全犬に賞状及び参加賞
チャンピオン及び95点以上のチャンピオンGr全犬に
超豪華称号ペナント進呈
イベントお楽しみ抽選会:11月10日(月)までの出場料入金者に限る
血圧チェック:健康グッズをゲット
競技科目選別 A【他臭選別】 / 選別 B【自臭選別と服従】 / 追及
服従 A / 服従 B / 服従 C / ノービス
※科目の詳細要項は こちらの別項 をご覧ください
リハーサルの部
本番さながらの練習で不安を解消! 適切なアドバイスで成績UP!!
日  時平成26年11月29日(土)9時〜12時 9時受付開始(雨天決行)
出場資格全犬種 競技会出場有無にかかわらず参加できます
出 場 料1科目につき5,000円(1頭で多科目/同科目出場可) (軽食付)
申込後の欠場犬については税込3,000円申し受けます
申込締切11月22日(土)必着 (FAXの場合は電話にて必ず確認して下さい)
賞  品出場全犬に記念品進呈/賞状はありません(成績順位発表はありません)
科  目JAA【愛犬】訓練競技会 全科目
JAA訓練チャンピオン決定競技会 全科目
実施内容共 通:声視符・ボール・トリーツなど使用可
    綱の着脱任意(綱の長さ・保持・綱での誘導自由)
服 従:制限時間 5分
選 別:本大会と同臭気で行います/3mライン内への誘導可
    希望の場所に本臭設置可、また本臭位置の通知可
    制限時間1回につき1分、計4回行います
追 及:制限時間 5分
お問合せ先/お申込み先
〒458-0922 名古屋市緑区桶狭間切戸210
愛知警察犬訓練所方 大会事務所 TEL/FAX 052-623-9227
JAA愛犬訓練競技会 競技科目
選別 A
他人移行臭にて4回行う。連続3回成功時は4回目を省略。
出発点から10m前方に選別台を設置。
選別台より3m地点に声視符禁止ラインを設置し声視符が認められた場合はその回を失格とする。
原臭を受け取り犬が持来した物品を受け取るまで1分以内
再スタートは認めない。
2回までの招呼に応じない時は失格とする。
ゼロ回答は5枚すべてを嗅ぎ分けた場合のみ成功。

選別 B
自臭直付臭にて3回行う。
出発点から10m前方に選別台を設置。
所要時間は1分とする。
服従作業(服従Aに準ずる)との合計点を成績とする。

追及
150〜200歩 ピン6〜8本 遺留品2個 所要時間2分
遺留品の直前に停座させ、指示でスタートさせる。
遺留品をポイントしたら指示により犬の元に行き提示。
指示により再び追及させる。(紐の着脱は任意)

服従 A
1 紐無脚側行進
紐は(ア)で脚側停座してから外し、指導手の肩にかける。
指示で出発。(ア)〜(エ)常歩。(エ)〜(オ)緩歩。(オ)〜(カ)常歩。(カ)で右回りし、(カ)〜(ア)速歩。(ア)で右回りし、脚側停座。
2 停座及び招呼
指示で(ア)より常歩。(イ)にて速度を変えることなく停座を命じ(キ)まで前進。回れ右をして犬と対面する。指示で招呼。対面停座させ指示で脚側停座させる。
3 伏臥及び招呼
2の要領で(キ)より出発。(ウ)で伏臥。(ア)で招呼。
4 立止
指示で(ア)より常歩。(イ)にて速度を変えることなく立止を命じ、(キ)まで前進。回れ右をして犬と対面し、(イ)まで戻り、犬の後ろを回り脚側につく。
指示で脚側停座させる。
5 物品持来
脚側停座にて待機させボール以外の物品を7m以上前方に投げ持来させる。対面停座後、物品を受け取り脚側停座。
※全て指示により行う
6 障害飛越(片道飛越/高さは体高の1.2倍)
任意の場所に脚側停座させ、指示で飛越。立止させる。
指示で犬の後ろを回り脚側に至り、指示で脚側停座させる。
服従 B
1 紐付脚側行進
(ア)で脚側停座させ、指示で出発。(ア)〜(カ)常歩。(カ)〜(ア)速歩。(ア)で右回りをし、脚側停座。
紐はたるませて持つ。誘導してはいけない。
2 紐無脚側行進
紐は(ア)で脚側停座してから外し、指導手の肩にかける。
1 の要領で行う。
3 停座及び招呼
「服従 A」2 に準ずる。但し停座指示は行進中でなくてよい。
4 伏臥及び招呼
「服従 A」3 に準ずる。但し伏臥指示は行進中でなくてよい。
5 立止
「服従 A」4 に準ずる。但し立止指示は行進中でなくてよい。
6 持来か障害飛越のどちらか選択
「服従 A」5・6 に準ずる。

服従 C
すべて紐付(紐の長さ/着脱/保持は任意。誘導は減点)
1 紐付脚側行進
「服従 B」1 に準ずる。
2 立止
(ア)で脚側停座。指示によりその場で立止を命じ犬と対面した後周囲を右・左各一周し脚側の位置に立つ。
指示で脚側停座させる。
3 停座及び招呼
(ア)で停座を命じ、(イ)まで前進。回れ右で犬と対面する。
指示で招呼。対面停座させ指示で脚側停座させる。

ノービス(おもちゃ・トリーツ使用可。紐での誘導は減点)
1 紐付脚側行進
「服従 B」1 に準ずる。
2 停座及び待て
(ア)で停座をさせ「待て」を命じ、指示で犬と対面。
指示で(5秒程度の待て)犬の脚側に戻る。



直線15歩ずつのクランク
(ア)〜(イ)・(ウ)〜(キ)は10歩
(ウ)〜(エ)は5歩
指示は全て1声視符のみとする

Copyright(C) 2012 AICHI POLICE DOG TRAINING CENTER All Rights Reserved.
ブラウザ幅:800pxにて作成